キッチンを選びで大きく異る利便性と価格とは

住宅設備の不満を楽して解決する方法
  • オール電化とキッチン

    最近のキッチンといえばシステムキッチンでしょう。特にオール電化が進んでいる現代ではこのシステムキッチンとオール電化との相性が良いため多くの方や住宅でシステムキッチンを採用しています。

    ▶もっと読む

  • 収納場所を考える

    住宅設備の中でも重要な位置を占めるキッチンは収納するものが多いです。そのためなるべく収納場所が多いほうがよく、よりキッチンの環境を良くすることが出来ます。キッチンが変われば食生活も変わってくるでしょう。

    ▶もっと読む

  • 手入れのしやすさ

    キッチンの手入れのしやすさはキッチンを長持ちさせる上で非常に重要な要素になってきます。そのためいい素材を利用した天板やシンクなどを選ぶ必要があり、良い物になるとそれなりに価格が高くなります。

    ▶もっと読む

キッチン選びの重要性

キッチンに必要な様々な機能

新築一戸建てを建築する際に、様々なキッチンメーカーを回って、キッチンを選びましたが、使い勝手の良いものにするためには、様々な機能がありますので、十分に検討しなければなりません。我が家の場合、特にこだわったのは、シンク周りと換気扇です。シンク周りについては、大きく分けて人工大理石とステンレスがあります。それぞれに性能が異なりますが、価格的に人工大理石の方が若干高めです。しかし、どうしても人工大理石は傷がつきやすく目立ちやすいという欠点がありますので、好みが分かれます。また、蛇口については、縦型のシャワーにしましたが、幅が広く洗いやすくて便利です。また、換気扇については、割とこまめに掃除をするので、取り外しが簡単なものを選びました。

使い勝手を良くするための工夫

キッチンは毎日使用するものですから、できるだけ良いものを初めから選ぶことが大切です。しかし、どうしても、当初からは想像ができないこともありますので、臨機応変にキッチンの使い勝手をよくするための工夫がいります。例えば、キッチンの上には、いろいろなものを置きがちですが、それによって作業スペースが減ってしまい、結果として使いにくいキッチンになることがあります。作業スペースが確保できるように、いかにして配置するかは重要なポイントです。特に、食器乾燥機をつけない場合には、一時的に食器を置く場所が必要ですから気をつけなければなりません。また、グリル部分の掃除も重要です。使い勝手の良いキッチンにするためには、こまめな清掃が重要なのです。

Copyright(c) 2015 キッチンを選びで大きく異る利便性と価格とは. All Rights Reserved.